尼崎製罐株式会社 AMAGASAKI SEIKAN
会社概要 事業内容 工場 採用情報 お問い合わせ サイトマップ リンク トップページ
尼崎製缶

会社概要…会社沿革
尼崎製罐株式会社 会社沿革

昭和24年12月 尼崎市大島において資本金100万円をもって尼崎製罐株式会社を設立、
東方金属株式会社の建物を借り受け製缶事業(18リットル缶、一般缶の製造販売)を開始
昭和25年10月 資本金を600万円に増資
昭和26年1月 東方金属株式会社(資本金400万円)を吸収合併し、資本金を1,000万円とする
昭和27年10月 尼崎市金楽寺町に神崎工場を開設し、18リットル缶の操業を開始
昭和28年9月 川崎市幸区に川崎工場を開設し、軽量形鋼および線材製品の操業を開始
昭和35年10月 函館市末広町に函館工場を開設し、18リットル缶の操業を開始
昭和42年4月 神崎工場において亜鉛ダイカスト製品(ファスナー用スライダー)の操業を開始
昭和45年10月 石巻市重吉町に石巻工場を開設し、軽量形鋼および線材製品の操業を開始
昭和51年1月 武庫川工場において一般缶用シーム溶接機を導入し、製造販売を開始
昭和51年3月 資本金を3,000万円に増資
昭和52年1月 武庫川工場において世界初の18リットル缶溶接ライン完成、溶接式18リットル缶の製造販売を開始
昭和56年9月 神崎工場にファスナー事業部を設け、スリースタースライドファスナーの製造販売を開始
昭和60年9月 石巻工場においてカラーC形鋼の製造販売を開始
昭和62年5月 神崎工場においてテーピースナッパーの製造販売を開始
平成元年4月 神崎工場においてアルミダイカスト製品の製造販売を開始
平成2年7月 石巻工場においてカラーC形鋼およびC形鋼の穴開け切断加工の製造販売を開始
平成12年12月 川崎工場の事業を石巻工場に集約
平成13年8月 函館工場の事業を武庫川工場に集約
平成13年10月 香港に資本金600万香港ドルをもって関連会社 香港神崎圧鋳有限公司を設立
平成13年11月 中国広東省に資本金550万香港ドルをもって関連会社 広州神崎圧鋳有限公司を設立
平成14年6月 広州神崎圧鋳有限公司において亜鉛およびアルミダイカスト製品の製造販売を開始
平成16年3月 神戸・三宮に「三宮セントラルビル」新築オープン
平成16年11月 広州神崎圧鋳有限公司を資本金780万香港ドルに増資
平成18年3月 香港神崎圧鋳有限公司を資本金1,000万香港ドルに増資
平成18年4月 中国江蘇省に広州神崎圧鋳有限公司太倉分公司を設立
平成19年6月 太倉分公司において亜鉛及びアルミ製品の販売開始
平成20年3月 広州神崎圧鋳有限公司において亜鉛及びアルミダイカスト加工製品の加工販売開始

会社概要へ戻る


会社概要 | 事業内容 | 工場 | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ | リンク | トップページ | このページの最上部
Copyright (C) Amagasaki Seikan Co., Ltd. All Rights Reserved.